【太助日記】最新の保険加入状況に見る保険見直し

  【太助日記】最新の保険加入状況に見る保険見直し

【太助日記】最新の保険加入状況に見る保険見直し

みなさん、こんにちは!ほけんおたすけ隊の太助です。

みなさんは「生命保険に関する全国実態調査」というものをご存じですか?

一般家庭における生命保険の加入実態および生命保険・生活保障に対する考え方を

把握することを目的として昭和40年以降3年ごとに実施されている調査なのですが、

生命保険に加入する際にどのようなことに気をつけているかなど、

最近の保険の選び方の傾向が調査の結果から読み取れるので、

保険の見直しをされる際の参考になると思います。

最新の平成30年度の調査結果から見て取れる傾向をまとめてみました。

 

 ガン保険の加入が増加

民保加入世帯(かんぽ生命を除く)における特定の保証機能を持つ生命保険や特約の

加入率をみると、医療保険・医療特約の加入率は世帯全体で88.5%と前回調査よりも

3.2ポイント減少している一方、ガン保険・ガン特約については62.8%と

前回調査よりも2.1ポイント増加しています。

弊社のお客様にも、医療保険には既に加入されていて、

さらに手厚い保障を求めてガン保険への加入を検討されている方が増えています。

 

就業不能保障保険の需要増

今回の調査から追加された

「生活障害・就業不能保証保険、生活障害・就業不能保障特約」。

病気・介護・障害など、所定の就業不能状態となったときに

一時金や年金が受け取れる保険のことを指します。

医療の発達や独身者の増加など、生活を取り巻く環境が昔とは違い、

それまでの生活が維持できない可能性に不安を感じる人のニーズに応える保障として

着目されているので、加入率は今後さらに伸びていきそうです。

超高齢化社会に備えて意識の変化

直近に加入した民保(かんぽ生命を除く)の加入目的については、

「医療費や入院費のため」が57.1%と最も多く、次いで「万一のときの家族の

生活保障のため」が49.5%であり、他の目的を大きく上回っています。

上位2項目は前回調査と比較すると大きな変動はありませんが、

「老後の生活資金のため」が10.8%と、前回調査(7.7%)よりも

3.1ポイント増加しています。

また、今後増やしたい生活保障準備項目は、

「世帯主の老後の生活資金の準備」が27.1%、

「配偶者の老後の生活資金の準備」が25.1%と上位を占めています。

そのほか、世帯主の個人年金保険の給付開始年齢は、

60歳が28.7%(前回調査29.0%)、70歳以上は10.7%(前回調査8.0%)

となっています。

時系列でみると、「60歳」「61~64歳」を選択する割合が減少し、

「70歳以上」が増加しており、給付開始年齢は高年齢が選択される傾向にあります。

 

いかがでしたでしょうか?

調査結果からおおよその傾向がお分かりいただけたかと思います。

より詳しく、自分に適した保険をお知りになりたい方は

ぜひ一度ほけんおたすけ隊をご利用ください。

相談予約・お問合せ

このページの上部へ

保険の無料相談
0120-57-3704

相談予約・お問合せ

ほけんおたすけ隊。三宮店

〒651-0093
兵庫県神戸市中央区二ノ宮町1-4-7
リーガル三宮東ビル(旧ボストンビル)
受付時間/AM10:00~PM6:30
定休日:土曜・日曜・祝日

アクセスマップ

ほけんおたすけ隊。姫路みゆき通り店

〒670-0922
姫路市二階町68 みゆき通り商店街内
受付時間/AM10:00~PM6:00
定休日:火曜日

アクセスマップ